お休み前に読み聞かせる絵本


名作よんでよんで おやすみ前のお話366話


子供を寝かせる前の数分間というのは、
絵本の読み聞かせに最適な時間です。
絵本を読み聞かせている間に子供が眠ってしまうことも
ありますが、お母さんの声を聞いているうちに安心して眠ってしまうのです。


寝る前の絵本の読み聞かせは働いているお母さんでもできることです。
そして、子供の心を育てる効果はたいへん大きいのです。
ぜひ、寝る前の絵本の読み聞かせを毎日やってあげて下さい。
十分ほど時間をとることはできるはずです。

寝る前に読み聞かせる記事一覧

「ぼくは、ママをさがしているの。かみさまが、『うまれていいよ』っていってくれたから…」という言葉が印象的な絵本です。この絵本には「あなたは、世界でたった一人のかけがえのない存在。うまれてきてくれて、ありがとう。」という親から子へメッセージを伝えることで、子どもの自己肯定感を育む効果があります。愛着障害は、親からの愛情を十分に受け取れなかったために起こります。この絵本には、愛着障害を予防したり癒した...



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。