三輪山の大物主神さま


三輪山の大物主神さま


古事記や日本書記に伝承されている日本神話をわかりやすい絵本として、まとめている本です。
特に、三輪明神に関連した伝承を中心にまとめています。
大神神社(おおみわじんじゃ)は、奈良県桜井市にある日本最古の神社です。


その神話と伝承について、記紀、日本霊異記さらに平家物語を引用しています。
とても流麗なる、挿絵とともに三輪山信仰の歴史が子どもにもわかるようになっています。


日本に生まれて、日本の神話にふれることは情操教育の基本です。
そこには古代日本人の素朴で素直な心の道が残されているのです。


ぜひ、幼子には読み聞かせてあげてください。
小学生高学年ならば一人でも読めるというレベルです。
絵がきれいなので子どもは関心をもって聞いてくれます。

三輪の大物主さま記事一覧

蔵王さまと行者さま。修験道のご本尊である蔵王権現さまがどのようにしてこの世に出現されたのかが、絵本として表現されたものです。蔵王権現は、正確には「金剛蔵王権現」と申し上げる仏様です。この仏はメイドインジャパンの仏様です。蔵王さまと行者さま634年に生まれた役小角(えんのおずぬ)は、修験道の開祖です。さまざまな奇跡をおこなった神仙として、「日本霊異記」や「続日本紀」に記述があります。幼い頃から神童と...



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。