子供寺子屋 親子で学ぶ偉人伝


子供寺子屋 親子で学ぶ偉人伝〈巻3〉



この本は、小学校中学年以上向きの本です。
絵もしっかりとついているので、絵本といってもよいものです。
文字はわりと多いですが、三年生以上であれば、問題なく読めます。
漢字にもふりがなをふってあります。


この本のすばらしいところは、日本の偉人をすなおにほめているところです。
子供にとっては、手本となる人間像が必要なわけです。
それには、きちんと偉人の美点を表現し、子供にもわかるようにはっきりと指摘している本書は、
すばらしいテキストといえるでしょう。


子供が道徳、道義心、礼節、勤勉、慈悲を学ぶ最高のテキストといえる本です。
日本全国の家々に、この本が一冊ずつあれば、日本の国の未来は明るいと思います。


三年生以下のお子さんにはお母さんやお父さんが読み聞かせてあげてください。
絵がしっかりとついているので、小さいお子様でも退屈しません。
意味がわからなくても、潜在意識の中にストーリーがしみこんでいくので、
必ず、お子様の財産になり、人格形成を助けます。


本書には、すばらしい付録がついています。それは、DVDです。
このDVDを子供さんに見せてあげてください。
DVDの中では、物語の音読が紙芝居のような形で、朗読されています。


子供塾の生徒さんがとても礼儀正しく先生のお話をきいている映像が出ておりますので、
お子様もそれをまねて、礼儀正しくなることでしょう。
なんどでもDVDを見せて、子供さんの潜在意識によき情報をインプットしてあげて下さい。
特に第三巻では、吉田松陰や、橋本左内、西郷南洲、二宮金次郎など、
今の時代だからこそ、見直されるべき偉人のお話が掲載されています。



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。